農家さんの事例

収入と荷造運賃(事例1) (2009年6月28日)

私が、ある署で農業担当をしている時の事例ですが、施設園芸農家の方で、収入と荷造運賃の

割合が同地区の施設園芸農家と極端に相違する納税者でした。

具体的には、収入と荷造運賃の割合が、15%~20%なのに、その方は35%強の数字でした。

調査の過程で判明したのは、収入を一部除外しただけで経費については操作を行って

いなかったために、異常な経費割合となったのです。

 所得金額を過少にしたいなら、もう少しお考えの方が良いと思いますが、この方法は、お勧め

いたしません。

お問い合わせはこちらまで